身体にとってメリットの大きな酸素~若々しい体作り~

手を広げる女性

活性酸素の除去

アルミボトル入り水素水の平均的な価格について

桟橋でヨガ

活性酸素を除去する働きがあるとして注目されている水素水ですが、現在様々な形状のものが販売されています。ボトル入りの水素水は持ち運びがしやすく便利ですが、ペットボトルよりもアルミボトルの方が水素が漏れにくいのでおすすめです。アルミボトル入りの水素水は1本の容量が300ml前後のものが大半で、価格は1本あたり180〜300円程度、24本入りのケースの場合は、4,000〜7,000円程度で購入できます。更に安く販売されているものもありますが、極端に安いものは水素濃度が低い場合があるので、水素濃度を確かめてから購入するのがおすすめです。水素の濃度は「ppm」という単位で表記されています。1.0ppm前後であれば問題ありません。

アルミボトルは水素が抜けにくい

現在、様々な形状の水素水が販売されていますが、アルミボトル入りの水素水は「水素が抜けにくい」という特徴があります。ペットボトル入りの水素水も販売されていますが、ペットボトルだと未開封の状態でも水素が徐々に漏れ出し、飲むときにはすでに水素が抜けてしまっていてただの水になっていることもあります。アルミも水素が全く抜けないとは言い切れませんが、現状最も水素が抜けにくいとされているので、自宅などに数日分ストックする場合はアルミボトル入りの水素水がおすすめです。また、1本の容量も300ml前後とやや少なめで、持ち歩きやすいサイズになっています。アルミボトルでも一度開封すると水素が抜けやすくなるので、一気に飲んでしまうにもちょうどいい容量です。